忍者ブログ

楽団ロケッツ(仮)の web siteです。 ようこそ、社会人リコーダー部へ!

♪ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪ 2016年1月の練習後記

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
団長の森永です。

新年あけてから1回目の練習を行いました。
楽団ロケッツ(仮)が始まってからちょうど9年目!
今年もみんなで楽しくアンサンブルをしていきたいと思っています。

さて、今月は振り返りと確認を兼ねて
・storia
・My Favorite Things
を練習しました。

どちらもここ半年の間に練習を始めた新曲で、
そこそこ吹けるようになってきたもののまだモノになってない感もあり
各自練習をしつつ曲の理解を深めようと努めました。


ところで、今回は興味深い事がありました。
リコーダーを吹くとき、みなさんは右手の小指をどうしていますか?

わたしは常にプラプラさせていたのですが、
7本の指で押さえていたのが2本になる時など
どうしてもリコーダーが不安定になってしまうので
めいっぱいリキんで押さえたりしていたのですが
そのせいで指がカックン!とバネ指のようになってしまうのが悩みでした。

上手く吹けないなあ、みんなこういう時ってどうしてるの?と聞くと
なんと、ほとんどの人が右手の小指でリコーダーを支えていたのです。
(右手小指フリー派はわたしともう一人のみでした)

学校などではリコーダーの構え方で右手小指を使うことは
教わらなかった気がしますが、みなさん「楽だから」独自に
そうしていたみたいでなんだか興味深かったです。

ちなみに後日、とらにゃもさんが笛の先生に確認してくださったところ
「楽器の吹き口」「右手親指」「右手小指」で楽器を支え他の指はフリーにしておく。
「登山では3点確保という言葉があって(3点あれば身体が支えらるという意味。
例えば2点両手だけで支えると崖から落ちる)、それと同じ原理で3点支持」

とのことでした。

9年もリコーダーに親しんできて、今更フォームを直す必要があるなんて…
個人的な目標でシメるのもなんですが、カックン指を克服したら
もっと吹きやすくなるはずなのでがんばろうとおもいます!

団員のみなさん、活動を見守ってくださっている皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします!
(担当:森永桐子)
忍者ブログ/[PR]
PR