忍者ブログ

楽団ロケッツ(仮)の web siteです。 ようこそ、社会人リコーダー部へ!

♪ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪ 2013年11月の練習後記

関東は急に寒くなり、秋をすっ飛ばして冬の足音が聞こえてくる今日この頃。
先月は少人数になってしまったため、練習後記は1回お休み。
今回11月はSinonが担当します。


さて、今回の練習曲は2曲でした。

まず1曲目は「ディスコキッド」。今から36年も昔の吹奏楽コンクール課題曲です。
36年前ということはなんと私が生まれる前ですよ……! メロディやリズムの端々にいかにも昭和時代のポップス曲といった、ナウでヤングな雰囲気が残っていますね。

この曲、要所要所に難解なフレーズがあってそれも大変なのですが、何よりこの曲を難しくしているのが後半の転調に伴う過去最多のフラット記号。

ポップス曲には良くある「最後のラスサビ部分で半音あがる」転調が出てくるのですが、これが出てくると指使いが途端に難しくなります。

臨時記号の嵐。普段めったにお目にかからないダブルフラット(♭♭)まで登場。普段慣れないので、咄嗟には頭が切り替わらず脳みそフリーズ状態になってしまう団員も続出。これはじっくりとした練習が必要そうですね…。



さてさて、これは長期的に取り組む必要がありそうだぞというところで、気分を変えて今回のもう一曲を。

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」のオープニングテーマです。ドラマの大ヒットが記憶に新しいですね。インストゥルメンタルの曲(歌が付いていない曲)でここまでCDがヒットしたのはかなり異例だそうで。

ブラス・セクションの裏打ちが軽快でジャンルで言うと「スカ」のような曲。各パートにところどころ現れるひょうきんな音色、目まぐるしく変わっていく曲調、とにかく元気のいい曲です。

広い世代に人気のある曲だと思うので、どこかで演奏する機会があれば楽しんで貰えそうな気がしますね。



今回は練習が終わってご飯を食べた後、引き続き公民館の部屋を借りてゲームを遊ぶことに。
最近、周囲でにわかに流行っている「ワンナイト人狼」というアナログゲームです。

カードを配ってそれぞれが人間と人狼の役になり、狼になった人は自分の正体がばれないように嘘をつき、人間になった人は誰が本当の狼なのかを突き止めるという推理と演技のゲームです。

初プレイの人が殆どだったので最初は要領が分からなかったり、嘘を付くときに緊張してしまうのですが、慣れてくると次第に熱戦に。はたして誰が本当のことを言っているのか、ドキドキの推理ゲームで盛り上がりました。

相手の表情から読み取ろうとしたり、ボロを出さないように黙ってみたり、信頼を得ようと状況のまとめ役をしてみたり。人それぞれに個性的な戦術があって面白かったです!



今回の練習も、演奏と遊びで一日楽しみ尽くしました。
いよいよ来月は師走。忘年会も楽しみですね!
今年もあとわずか、引き締まっていきましょう!
(担当:Sinon)
忍者ブログ/[PR]
PR