忍者ブログ

楽団ロケッツ(仮)の web siteです。 ようこそ、社会人リコーダー部へ!

♪ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪ 2013年06月の練習後記

ご無沙汰しております。今月の編集後記を担当させていただく橘べるちぇです。
関東は先週、梅雨入り宣言となりましたが、カラッと晴れて少し蒸し暑い一日でしね。

今回の練習曲は栗コーダーカルテットの「マヨネーズ第二番」。この曲は栗コーダーカルテット結成後間も無く、世界的に有名なマヨネーズ製造・販売をしている企業のCM用に作曲された曲です。
この曲のは、リズミカルなテンポにソプラノリコーダーの高音が可愛らしい曲で、メロディは終盤まで繰り返しなのですが、序盤、中盤、終盤で伴奏の印象が変化していて単調な感じはしない仕上がりとなっています。
どこぞの大型動画サイトでも聞くことができるので、ご興味があれば聞いてみてください。

各パート割は

S:Sinonさん、橘べるちぇ、とらにゃもさん
A:なごさん、りんちゃん(ときにとらにゃもさん)
T:マーズさん、フロンさん
B:じょーかーさん

久しぶりにフルメンバーが揃って各パートが充実しています。
とらにゃもさんがソプラノに入っているのは、「トリル」(ピー ピロリッ みたいなの)がたくさん出てくるため、指の回らないべるちぇのためにお手本を示してもらいました。さすがです。

この曲は各パートそれぞれに試練があり、練習序盤は他のパートを聞いている余裕が無い程で、個人練習後に合わせてみたらテンポも取れず、走ったりもたったりと演奏直後にみんなが吹き出す勢いでした。べるちぇ自身ソプラノ担当で、栗コーダーカルテットの楽譜のコメントに「ヘトヘトになります」とあったように1曲吹き終えるとぐったりでした。

それでも要所要所切り分けて練習をするとなんとか形になる状態まで持っていくことができて、ここ数年難しい曲を何曲も乗り越えてきた成果が出たのではないかと思います。

マヨネーズ第二番が終わったあとは、以前やった曲のおさらいをしました。
やった曲を遡る感じで1回ずつ吹いていったのですが、3ヶ月前くらいの曲からだんだん忘れて演奏が怪しくなっていって半年前くらいになると、「あれ?この曲どんなんだったっけ」という感じで、演奏すら途中で崩壊しないものの、なんだかあれあれ?という感じに…。

この散々たる結果により、次回の練習は自分たちのレパートリー維持のために「おさらい」重視にしようと皆が心に誓って練習を終わりました。

本日の晩餐:餃子王国
(担当:橘べるちぇ)
忍者ブログ/[PR]
PR