忍者ブログ

楽団ロケッツ(仮)の web siteです。 ようこそ、社会人リコーダー部へ!

♪ 2012年12月の練習後記

2012年最後の練習は、強風+雨という悪天候の中スタートしました。
本年締めくくりのレポートをrinがお送りいたします!

まず、久し振りに雨だった訳ですが、楽器には湿気がよくないことと、荷物が多い/重い人は移動がいつもに増して大変!(傘は無力…)
最近はずっとお天気に恵まれていたのに、久々でした。
やっぱり練習の日は、雨雪じゃない方がいいかも、と思い直す面々。


12月の課題曲は「写真の中の君」。
この曲は、栗コーダーカルテットさんの楽譜集に掲載されている曲なので、譜面は既にリコーダー用になっていました。
改めて編曲は必要ないのですが、いつもより長い曲のため6ページ…
そんなに上手にめくれない(かも)と気遣って、とらにゃも氏が2ページに収まるようパート譜を準備してきてくれました!感謝感謝☆

余談ですが、栗コーダーカルテットさんの曲は、よく街探検やバラエティ番組のBGMとしてさりげなく使われているので「あ!」ってなるよねーという話で盛り上がりました(w

さて。
練習の流れですが、いつも最初はどういった曲かの音源を聴きます。
個人的に、私はアルトリコーダーやバスリコーダーを担当することもあって、楽譜を見ただけでは曲の全体像が掴めず… 音源を聴きながら自分が担当するパートの譜面を読むことで「あ、ここはメロディとはもってる」「ここは下のパートから順番に音を重ねていくところ」と納得することができました。

あとは、基礎練習。
今回は、アーティキュレーションの練習ということで、同じメロディで5種類の吹き方を練習しました。スラーのあとの音がスタッカートという難題などを何度も何度も…
ただ、この練習が、後で効いてくることを知っているので、何度も練習することで指や音の鳴らし方に慣れました。

課題曲の練習はいつものように、まず個人練習をして、全体練習。(あれ、今回パート練習していないかも)
一回全曲を流したあと、小分けにして確認しながら曲を仕上げました。

ちなみに今回私はアルトを担当したのですが、楽譜集の吹き方アドヴァイスの中に「相当な難曲です」と書いてあり…
今回仕上げられなかった箇所は今後もよくよく練習したいと思います>△<。。。


練習後はハンバーグを食べに行き、みんなでソーシャルゲームの楽しさと怖さを学びました。嗚呼、恐ろしい話を聞きました…

次回は来月の新年会にて!
2013年も楽団ロケッツ(仮)をどうぞよしなに(ぺこり
(担当: rin.)
忍者ブログ/[PR]
PR