忍者ブログ

楽団ロケッツ(仮)の web siteです。 ようこそ、社会人リコーダー部へ!

♪ [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪ 2012年09月の練習後記

社会人になると夏休みの感覚も無くなりますが、学生の間では
「今日は8月32日のはずだ…!」という人が続出した9月1日、
9月の練習が行われました。今回の後記はとらにゃもが担当です。
8月は合宿だけで練習は無かったので、皆で笛を吹くのは2ヶ月ぶりです。

練習前には、アニメ『TARI TARI』の合唱時々バドミントン部のメンバーは
初心者ばかりなのに即座にハモれて驚異的だという話題や、
もうすぐコーンポタージュ味が出るらしい「ガリガリ君」は入浴剤があったり
居酒屋でサワーとして売られていたりという話題などが出ていました。

今回の曲は7月に引き続き『英國戀物語エマ』オープニング曲の
「Silhouette of Breese」です。
実は8月の合宿の夜、原作アニメを皆で視聴しており
曲に合わせて街中を馬車が軽快に走るオープニング映像のみならず
舞台となったヴィクトリア朝時代のイギリスや登場人物の雰囲気も把握でき
曲に対するイメージ合わせをした状態でスタートできました。
ただ練習するだけでなくこういうことも大事ですね。

前回は中盤過ぎまで練習が進んだので、今回は残りの部分。
速いパッセージも出てくるので、テンポを落としてじっくり確認しました。

この曲、同じ旋律が何回か出てくるんですが
伴奏はそのつどスタッカートだったりバグパイプ調になったりと
変化していて、そのバリエーションに驚嘆。
私を含めリコーダー用の編曲をする団員からすると、こんなに
編曲の引き出しがあるなんてすごいなぁと思ったり。
ともすると私など旋律同じなら伴奏もコピペで済ませてしまったり…(ゲフンゲフン

さてメトロノームに合わせて最後まで練習できたので、いよいよ
メトロノーム無しで録音!
ですが、テンポ168で順調にスタートしたと思ったら次第にペースダウンし
なんと最後には150近辺にまでゆっくりになるという始末。
言うなれば、馬車が軽快に走り出したのはいいものの途中で次第に力尽きてしまい
息も絶え絶えになって目的地にようやく到着したような感じになってしまいました。

この原因は、曲の途中に何度か出てくる「4分の4拍子」と「8分の6拍子」の切り替え。
指揮者のいないアンサンブルでは、奏者自身がテンポ感を維持しなければならず、
拍子の切り替え時にテンポが落ちないようどう注意すべきかをしっかり確認してから
もう一度録音。
…すると、今度は何回拍子が変わっても最後までテンポキープすることができ
馬車は無事に目的地までたどり着くことができたのでした。

今回でかなり良い所まで仕上がったこの曲、リコーダーの良さが随所に現れる
とてもいい曲なので、いつか皆さんの前で披露できればと思います。

まだ少し時間があったので、1月に練習したハウルの「人生のメリーゴーランド」の
おさらい。こちらもテンポチェンジが難しい曲ですが、合図のポイントなど
各自の役割などを確認したら次第に思い出してきて、無事に通すことができました。

練習後は行ける人でご飯。
通常は日曜の練習ですが、今回は土曜(=次の日がお休み!)ということで
「テレビが無いor見ないので、好きな芸能人とか言われてもどうすれば…」
「というか二次元にしか眼中にない」などなど様々な話題で、終電間際まで
話し込んでしまいました。
それではまた来月!
(担当:とらにゃも)
忍者ブログ/[PR]
PR