忍者ブログ

楽団ロケッツ(仮)の web siteです。 ようこそ、社会人リコーダー部へ!

♪ 2012年07月の練習後記

お久しぶりに、練習後記を担当します。
じょーかーです。
今季のアニメでは『TARITARI』が毎週楽しみです。
音楽好きには、たまらない内容なのですよ。

さて、7月の練習は去る7月22日に行いました。

今回の曲は、『Silhouette of Breese』
2002年に放映されていた『英國戀物語エマ』のオープニング曲です。
作品の舞台となるヴィクトリア朝時代の、雰囲気を醸し出したオシャレな曲です。
ロケッツのバロック研究会しのんさんオススメの一曲です。

今回は市販されている楽譜を使用しました。
編曲は東京リコーダーアンサンブルの金子健治氏。
『エマ』のアニメでも、エンディング曲『Menuett for Ema』も同氏が編曲し、所属されている東京リコーダーアンサンブルによって演奏されたものが使用されていました。
本格的なリコーダーアンサンブル曲がアニメに使用されているのは珍しい気がしますね。

最初、譜面をさらった時には、難しい印象の曲でした。
というのも、途中で拍子が入れ替わるところもあり、テンポを維持しつつ演奏するのが難しく感じられました。
また、アーティキュレーション(曲のアクセント)やダイナミクス(音の強弱)についても楽譜に様々な指示があり、非常に吹きごたえがあるものでした。
練習時間一杯しっかり練習しただけあって、最後の方には一通り、とまらず演奏できるようにはなりました。
今後の練習で、仕上げていくのが楽しみです。

ちなみにこの日は、ご新規の方にも参加していただきました。大学でリコーダーアンサンブルをやっていた方で、リコーダーを吹くのは実に10年ぶりとのこと。
今回は、普段の練習と比べても格段にレベルの高い譜面でしたが、楽しんで演奏していただけたようです。

練習後は、食事をとりつつ来月8月の合宿についての打ち合わせをしました。
今回は、演奏会前のがっつり練習合宿とは違い、レクリエーション主な予定でしたのでメンバーそれぞれやりたいことをお話ししつつ、当日のタイムテーブルや、夕食のメニューを
決めたりしました。音楽発表会あり、脱出ゲームありのなかなか楽しい合宿になりそうです。

そんな感じで、7月練習でした。
次回の練習は9月予定です。
(担当:J・Weidinger)
忍者ブログ/[PR]
PR